前へ
次へ

薬局とドラッグストアの違いについて

薬事法では一般人に薬の販売をすることができる店を「薬局」と「店舗販売業」の2つに分類しています。前者が調剤薬局で後者がドラッグストアということになります。薬を調剤する機能を持ち許可を得ている調剤薬局では、たいていの場合店内にはカウンターが設置されておりその奥には調剤室が併設されています。ここでの主な仕事内容は、お客である患者さんが持参した医師の処方箋を基に薬を調合し投薬することです。尚、調剤薬局では医療用医薬品以外に市販薬や食品なども取り扱うことができます。対するドラッグストアでは医療用医薬品を扱うことはできません。ただし規模の大きなドラッグストアでは薬剤師が薬の調合を行っている場合があり、そういった店舗では医師からの処方箋を持参すれば投薬してもらうことができます。尚、ドラッグストアでは医療用医薬品が扱えない代わりに一般用医薬品や日用品、食料品・化粧品など幅広いジャンルの商品を販売する店舗が多いのが特徴となります。

Page Top