前へ
次へ

かかりつけ薬局を持っていると大変便利

かかりつけ薬局を持っているという人も、多いのではないでしょうか。万が一たくさんの医療機関から薬を処方されて、それらを服用している場合には薬の飲み合わせには気をつける必要があるため、そのようなときにはかかりつけ薬局を持っていると大変便利です。同じ薬が処方されていたり、効果が弱くなる薬同士が同時に処方されていたりすると、副作用が発生するリスクが高まることもあるので注意が必要です。健康食品や市販薬を同時に飲む際にも注意が必要なことがあるので、もしも不安な場合にはあらかじめしっかりと薬剤師に相談をしてみたほうが良いのではないでしょうか。薬の飲み合わせなどに関する心配ごとも、薬や健康のことを普段から相談することができる薬剤師がいたのであれば安心することが出来ます。かかりつけ薬局の薬剤師は、患者さんがこれまでに飲んできた薬のことや、普段から使っている薬のことなどをきちんと把握して、薬の効果が発揮できるようにお手伝いしてくれます。

Page Top